え~、そうだったんですか?でも鍼は刺すものでしょう?

写真

いいえ、鍼は先が尖っているので、無理に刺さなくても必要なだけ勝手に

痛みなく刺 さるものなんです。

(もちろん、それなりの技術は必要ですが)

そしてそれは患者さんの体質や感受性によって決まるんです。

その体質を見分けるために脈診が役に立ちます。

気を労している人

(ストレスまみれ、神経使いすぎ、過敏症、痛がり、恐がり)や

赤ちゃん、子供なんかは皮膚に触るかどうかくらいで充分効果が出ますし、

かなり強健な人はそれなりにはりをします。

いずれにしても少しでも苦痛を感じると

身体はいやな刺激から身を守ろうとして緊張し、

それ以上は拒否的に反応します。(つまり効かなくなります)

うちでは治療終了まで何も感じない人が多いです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加