鍼灸と整体

整体とは、体全体の骨格を形作る関節(脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢・顎関節等)の歪み・

ズレの矯正と、骨格筋のバランス調整等を、主に手足を使った手技

(道具は、あくまで補助として使用する)にて施術する事で体を整え、

体幹から四肢への脈絡の流れを良くし、

脈絡改善によって各症状の改善を期待する健康法であると言われている。

整体師の施術は、国家資格である鍼、灸、柔道整復、あん摩、マッサージ、指圧

とはまったく異なるものである。
その施術は末梢対象ではなく、中枢を対象にした施術である。

施術自体は(整体)操法、整体療術とも呼ばれる。
上記の国家資格である柔道整復・あん摩・マッサージ・指圧との違いが分かりにくいとの声もあるが、

その技術体系はまったく異なるものである。

伝統中国医学の手技療法や、

大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法と、
当時の施術家たちの独自の工夫や独自の思想などを加え、
集大成したものが現在「整体」と呼ばれるものである。
整体創設初期においては整体の事を、正体・正體・整胎術等と呼称していた。

整体は「正體」・「正体」・「正胎」という名で呼ばれていた自己改善療法が、

野口により「整体」と呼ばれるようになった。

現在では野口の整体法は「野口整体」と呼ばれている。
現在も整体は各営利団体によって更なる変貌を続け、

様々な独自の手法、独自の思想、独自の理論が展開されており、

これらを統一した手技療法とすることは困難であるとされる。

予約方法

LINEで予約する

悠々堂まき鍼灸院地図