鍼灸の方法

「はり鍼」といえば、裁縫に使う針が目に浮かぶと思いますが
鍼灸治療に使う鍼はもっと細くてしなやかです。

鍼の先は丸くて痛みを感じない形状になっています。

一般的な治療は管に鍼を通して軽くたたき、
差し込んでいく方法です。
「刺す」というと何センチも深く刺すというイメージしがちですが
実際は1~2mmほどしか刺さないで
治療効果を上げることができます。

皮膚の上から刺激を与える治療法もあり
小児鍼がその代表です。

また、皮膚の上から貼り付け持続的に刺激を与える
皮内鍼や円皮鍼といった方法もあります。
また、他にも耳つぼダイエットに使う粒鍼など金属製の粒を
貼り付けるだけの方法もあります。

鍼の種類
豪鍼(ごうしん)

一般的なハリです。
長さは3~5センチ、太さは0,16~0.26ミリで
ハリの先は松葉型という特殊な形をしています。

てい鍼
刺さない鍼の代表です。
触れたり、軽くなでたりさすったりします。

円皮鍼(えんぴしん)

皮内鍼と同じようにテープで固定する鍼です。
直径2~3 ミリ、はりの長さが1~1.5ミリと
とっても小さいサイズです。
これも手軽に使えて効果があります。
【お灸の種類】

知熱灸

もぐさを円錐形に固めた灸です。
最初はぽかぽかと温かく感じますが燃え尽きる頃に
少しづつ熱くなります。
「熱い」と感じた時点でお灸を取りますので
ほとんど熱く感じません。
また、「熱い」といってもそれほど大げさなものではなく
跡も残りません。
熱いと感じるのはほんの一瞬で
「気持ちいい」と感じる方もおられます。

温灸(棒灸)
棒状に固めたお灸で棒灸またはたばこ灸とも呼ばれています。
直接肌にもぐさを置かないので、気持ちよい温かさが長く続きます。
じんわりとあったかい本当に気持ちの良いお灸です。

直接灸
もぐさを米粒大の半分くらいから
ゴマ粒くらいの大きさに指先でひねった小さなお灸です。
一瞬だけ「チクリ」と熱く感じるのが特徴です。
一瞬の「チクリ」の感じ方には個人差がありますが
気持ちよく感じる方から不愉快に感じる方まで様々です。
この直接灸は内臓疾患や、慢性疾患などに効果があります。

予約方法

LINEで予約する

悠々堂まき鍼灸院地図