頚腕症候群とは

〇頸肩腕症候群とは

「頚椎~肩~腕」にかけて起こる何かしらの症状一般を指すものです。
首~肩~腕にかけて何かしらの原因で異常が生じている状態を指します。
実際、頸肩腕症候群に含まれる症状は非常に幅広く

「首が重たい」
「首を回すと痛い」
「首に違和感が常にある」
「肩が常に重たい」
「肩が酷くこっている」
「肩がスムーズに回らない」
「肩が痛い」
「腕が少し痺れる」
「腕が妙に重たい」
「腕を回すとピリッとくる」

等の症状があります。

上記の症状をご覧になってわかるのが
「肩こり」「肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)」「頚椎の疾患」
といった疾患に通じる症状を持っているという事です。

つまり、症状の幅が非常に広い為、
重要になってくるのは、「発生のプロセス」「根本原因」の把握となります。

「症状」という結果にだけ捉われてしまうと、
どうしても「個人レベル」での発症の特徴が見極められず、
「頸肩腕症候群」という一般論での対処に終始してしまう事になるからです。

それでは中々症状の改善に繋がらず、
ズルズルと通院リハビリを続けてしまう可能性が高くなってしまいます。

〇頸肩腕症候群をしっかり治療するには
頸肩腕症候群とは非常に幅のある診断名で、

「肩こり」「肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)」「頚椎の疾患」
のいずれの可能性も潜んでいます。

ですので、まずは頸肩腕症候群という一般論的な診断名から
更に具体的な診断名へと掘り下げていく事が大切なのです。

それをしなくては
「原因」「自覚症状の仕組み」「適切な対処法」「適切な対処部位」
の何もかもが見えず、

「何となく治療」に陥ってしまう可能性が高いのです。

この「何となく治療」は当然ながら、芳しい治療効果をあげ難く、

焦りや不安ばかりが募っていってしまいます。

そうなりますと、「身体」と「心」の両面に対して良くありません。

ですので、何よりも先に
「頸肩腕症候群の掘り下げ」から始めるようにしてください。

自分の頸肩腕症候群はどういった症状なのか
自分の頸肩腕症候群の主患部は何処にあるのか
自分の頸肩腕症候群にとって最善の治療法とは何か
【当院の施術の方法】

慢性的な症状は鍼以外は温灸 を使って患部を暖温めます。
肩・首・腕などのツボを使って鍼の治療をします。
鍼治療により神経を圧迫している筋肉の緊張をほぐし、
炎症を除去するとともに神経根の圧迫を減らし、
痛みや痺れの解消とその緩和ができます。
手術をする前や適当な治療法がない場合は
鍼灸を試してみる価値があると思います。

頸肩腕症候群の方は、まず日常生活から注意点。
腕を下げて行う作業や首の不良姿勢で行う作業を出来るだけ避けて
、重たい物を持ったり、挙げたりしないようにしましょう。
〇当院の施術の基本

「氣・血・水」の流れを良くすることで体質改善します。

氣とは・・・目に見えない生きていくための「生命力」ともいえます。

血とは・・・血液・体液とその働き、生命に栄養を与え潤す作用

水とは・・・血液以外の体液・リンパ液
主に防御機能の働きがあります。
血・水は兄弟関係のようなものです。
その関係はSLの働きに似ています。
高温の蒸気は目に見えませんが
この蒸気がピストンを動かし駆動輪が動きます。

蒸気は石灰や水が泣ければ生じません。

氣は見えませんが
氣があるからこそ
身体が動き心が働く
血・水が氣を支えているのです。

予約方法

LINEで予約する

悠々堂まき鍼灸院地図