心臓神経症

心臓神経症とは、器質的な心臓の病気がないにもかかわらず

循環器症状を訴える神経症です。

心臓神経症は神経循環無力症、不安神経症、パニック障害ともいわれます。

心臓は生死に直結する重要な器官ですので、

ちょっとした動悸や胸部不快感も気になって不安になります。

そして、その不安によって動悸・息切れなどの症状はさらに強くなり、

このような悪循環によって発作を起こし救急車で搬送されることもあります。

心臓神経症の症状はパニック障害とはかなり似ていますが、

心臓神経症は心臓病不安がベースになっていることで区別します。

胸痛、動悸(どうき)、息切れ、呼吸困難、めまいなど、

心臓病によくみられる症状を示しているにもかかわらず、

心臓を検査しても何も異常が見つからないものです。

心臓神経症の原因としては、もともと神経質・神経症的な性格に加えて、

身近な人の急死、心臓病の誤った知識、過労、ストレスなどの

要因がきっかけとなって、

「心臓病ではないか」という不安・恐れがぬぐいされなくなって起こると考えられています。

心臓神経症に対する当院の取り組み
心臓神経症の原因としては、ストレス、過労、心臓病に対する極度の不安などが考えられます。

心臓神経症の症状

心臓神経症の症状は循環器症状を主とするのが特徴です。

心臓神経症で感じる胸痛は「ズキズキ」とか「チクチク」と表現されるような痛みで、

痛む部分が左胸のごく狭い範囲に限られており、

手で圧迫すると痛みが強くなるという点が特徴です:

急に発作を起こして救急車で運ばれることもありますが、

多くの場合、短時間で自然に治まります。

循環器症状:動悸、胸部不快感、胸痛、息切れ、めまいなど。
精神症状:不安、緊張、焦燥、神経過敏、不眠、抑うつ。

予約方法

LINEで予約する

悠々堂まき鍼灸院地図