推薦文

医師からの推薦のお声

【丸山アレルギークリニック 院長】

丸山修寛医師

著書「アトピーのルーツを断つ」

「医師が考案!全身の不調が消えるクスリ絵】

「魔法みたいな奇跡の言葉 カタカムナ」等多数

 

丸山アレルギークリニックの内科医師 丸山修寛(まるやまのぶひろ)と申します。

アトピーをはじめとするアレルギー疾患の治療にあたっています。

以前から、鍼灸や整体でアトピー治療が完治する例を多く見てきました。

そんな折に牧先生とのご縁があり、クスリ絵を使ってアトピーにアプローチするという事を

先生と共にさせていただいております。

私どもの治療の柱は、漢方入浴療法、腸内細菌の改善、後p-の原因となる真菌(カビ)のコントロール、

自分の血液または唾液を磁化して免疫の異常を修正する磁化免疫療法m電磁波対策です。

これらの中で、電磁波対策は必要不可欠です。

これらの点に関して、理解の深い牧先生とともに、皆さんが体質改善を行っていかれることは、

とても大切なことだと思います。

是非、これからも、牧先生のご指導の下、頑張って下さい。

【藤澤皮膚科 藤澤重樹医師】

著書「9割の医者が知らない正しいアトピーの治し方」

「アトピー治療革命」

「スーパードクターズ 今、糖質制限がすごい!」等著書多数

 

自然界の動物は保湿剤を塗りません。

ましてや、湿疹ができたからといって、

生体に悪影響を及ぼす可能性があるステロイド外用剤を塗布することはありません。

人は動物です。

人類は進化が始まってから今まで、保湿剤やステロイド軟膏などは使ってきませんでした。

入浴もしかり。朝・夕に汚れたらその都度入浴なんてことはあり得ません。

もちろん、洗剤も存在しません。

江戸時代は米ぬかや灰等を使用していました。

自然と親しんで共生することの大切さを忘れてしまった

現代人が苦しんでいる表現型の一つがアトピー性皮膚炎です。

アトピー性皮膚炎は

「開き直り+運動+腸内細菌叢発酵探査脂肪酸生成+糖質制限+鉄補充+脱ステ×脱保湿=最強自然治癒力」

という自己治癒力を上手に用いて主体的に治すことが王道であり、近道でもあります。

対症療法ではない根本療法は保湿剤や薬に頼りません。

自律神経や精神のバランスを安定させる治療こそ、鍼灸師が得意とする独壇場でもあります。

普通の治療では治らないアトピー性皮膚炎には2000年以上の歴史のある鍼灸の治癒力

選択肢の一つになります。お試しください。

 

 

【阪南中央病院 佐藤健二医師】

著書 「患者に学んだ成人型アトピー治療 脱ステ脱保湿療法】

 

アトピー性皮膚炎のガイドラインにより、ステロイドやプロトピックを多く使う

「標準治療」がはびこっている。

何十年とステロイドを使用し、良くなっていかない、

より強いステロイドを使用しないと症状が改善しない、と感じるアトピー患者さんは多い。

このような患者さんが診察場でステロイドを使いたくないというと、

「使わないなら来ないでくれ」「ステロイドは安全だ、拒否するのは間違いだ」

と患者の心からの訴えを一蹴する対応が良くみられる。

この様な状態に疑問を持ち、脱保湿・脱ステロイドを希望する人が増えている。

ステロイドを使わないでアトピーを治療する医療機関は少なく、多くの脱ステロイド患者は困っている。

アトピー性皮膚炎に対する鍼灸の施術は外用剤や内服・注射なしにまさに脱ステロイド脱保湿を制度から強制されている。

しかし、医療施設があまり行えていない対応、患者とじっくりと話をする過程で、

治療の対策を考えてくれる。

子供のアトピー治療において、鍼灸治療を行いつつ、母に対してじっくり対話を行うことで、

母の肉体的苦痛を取り払ってくれる。

我々、脱ステロイド医師は、

ステロイド・プロトピック・保湿剤からの離脱、水分制限、スキンケア、理学療法を指導するが、

患者さん及び、その家族さんとの温かい対話がもっと出来たら、

脱ステロイドはもっと発展すると考えている。

子供へのやさしい施術対応で、アトピー性皮膚炎の治療をしていただくと、

脱ステロイド脱保湿治療がさらに広がると考える。

鍼灸施術の発展が脱ステロイド治療の発展につながることを期待する。

医師 宮島 賢也先生

湯島清水クリニック院長

牧先生とはメガイベントというセミナーで一緒になりました。
とても勉強熱心な鍼灸師さんです。
宮島の勧める薬を使わない治療を推奨されています。
鍼灸にも色々な施術法が在りますが、中でも経絡治療は脈診、腹診などで精密な検査をして悪いところを突き止め極めてソフトな鍼灸で、治していく非常に魅力的な施術です。
牧先生は熱心に勉強され、鍼灸施術に強い情熱を持っている方です。
とてもフレンドリーで鍼灸師として頼れる治療家だと思います。
牧先生の鍼灸治療の心地よさを是非味わってみてください。
薬を使わない精神科医 宮島健也は牧先生を信用・信頼できる治療家として推薦します。

プロの先生方の推薦のお声

宮脇 和人先生
東洋はり医学会関西支部 名誉支部長

実践奇経療法研究会代表 宮脇鍼灸院 院長

東洋医学の根本は「未病を治す」であります。
つまり、病気になる前に治すということですが、牧 篤正先生は私の主催する実践奇経療法研究会や
東洋はり医学会関西支部において長年熱心に勉学・研究をされています。
その豊富な経験と実績を痛みや苦しみで悩んでおられる方々へ役立てたいと思っておられます。
子ども好きで温厚な性格の牧先生を私は推薦致します
(※注意:動画は音が出ます)

佐々木 暘明先生

元、関西鍼灸大学非常勤講師
元社団法人 大阪府鍼灸マッサージ師会理事
元学術局・鍼灸部長
元 大阪府保険鍼灸マッサージ師協会 理事
吹田市鍼灸マッサージ師協会 会長
吹田鍼灸マッサージ師会 会長
医 仁 堂 佐々木鍼灸指圧治療院 院長

牧先生とお会いしたのは、平成15年の春、吹田鍼灸マッサージ師会に入会したいと訪ねて来られてからでした。紳士的な話し方、穏やかな物腰、温かなまなざし、一言で言えば、絵に描いたような真面目人間と言えるでしょう。入会してからは、私の行っている「医仁堂研修会 遠隔治療」の研修会に度々参加されました。

この研修会は、専門学校の生徒を対象としたものでしたから、牧先生には物足らない講義と実習と思っておりました。しかし、先生は一学徒として真摯に研修を重ねておられました。

約20年、病院勤務でリハビリテーションを行ってこられた、大ベテランの先生のこの態度に当院のスタッフも感服しておりました。

平成17年には先生にお願いして、本会理事に就任して頂き、大きな力を発揮して頂いております。現在では、何十年も付き合った親友の如く信頼をしております。東洋医学において、大切な治療師として、推薦致します。

北村鍼灸院 院長  北村 昌彦

元東洋はり医学会関西支部

牧先生は、入会当初から熱心に本会の鍼灸治療法(経絡治療)を学ばれ、現代医学では対応できない病気(アトピー性皮膚炎など)もののみごとに治癒に導き、多くの患者様の信頼を得ておられます。
さらに、会においては研究部に所属され、新たな難病に立ち向かう為、日々研鑽されておられます。
牧先生は、優秀な臨床家というだけでなくやさしいお人柄は、会員の心をなごまし後進の鍼灸治療家にもその人気は定評があります。
また、経絡治療家を目指す後輩の育成にも貢献して頂いております。

悠々堂 まき鍼灸院

〒567-0888大阪府茨木市駅前3-1-26